ちょっと話しをするね。

映画のこととか

4등 4th Place

2016年
監督 정지우 チョン・ジウ
出演 박해준 パク・ヘジュン

f:id:jntsn:20170507125304p:plain

勉強も、スポーツも、芸術だって、こどもたちの競争の激しい社会。

これは水泳で大会の上位を目指す少年への体罰について真正面から描いた子ども映画で、国家人権委員会人権映画プロジェクトの映画のひとつであるそうだが、そのテーマに素直に取り組みつつ、それ以上の美しさを観る者へ与えてくれる。

伸び悩む少年の指導を任されたコーチもまた、競争に負けた若者であった。怒鳴ること、叩くことしか出来ない。

息子を優勝させたい母親は子供のためを思って鬼のように縛りつけるけれど、そうせざるをえないのは誰のせいなのか。子どもたちは薄々それに気づいているから黙って言うことを聞く。子育てを押しつけられた母親が追い詰められた結果を、責めるのは簡単だ。でもそれまで父親は何をやっていたというのか。

体罰の連鎖の裏には、男性中心社会の歪みがあるように思う。自分の弱みや苦痛を吐き出せなければ、親しい人の苦しみに気づかなければ、続く一方だ。

しかし子どもの健やかさはかわいそうな大人たちを軽々と飛び越えこえることもできる。子どもたちだけの、とりわけ少年特有の、短い、けれど大切なことだけ伝えるやりとりが素敵だ。泳ぐことの楽しさを知った少年は一番強い。

広告を非表示にする